「ほっ」と。キャンペーン
2010年 12月 11日
アーバンキャンプゲル@音地
2010年12/11,12(土日)
アーバンキャンプゲル@音地


いやはや良くできてました。
サイズも音地にぴったりで
とりあえずダイジェストで報告です。
当日はリタさんとポルトガル国営放送のクルーもいらっしゃいました。
それからオーストラリアのランドスケープアーキテクト、マリールイーズさんとハイケさん
それから東大の太田先生もいらっしゃっていただきました。(すれ違いですいませんでした)

クロネコさんがこんな感じで配達
d0093768_951012.jpg

d0093768_953986.jpg

モンゴルの日本人向け新聞 フォントがいい加減 左上の人がこのゲルの開発者
モンゴルの人はゲルが好きで、これは都会のモンゴルの人たちのために開発したとのこと
d0093768_1092672.jpg

説明書で説明
d0093768_964055.jpg

このワイヤーが折りたたみのミソ
d0093768_97529.jpg
d0093768_972874.jpg

じゃばらを広げて
d0093768_97457.jpg

さらにその上に重ねて
d0093768_98562.jpg

うまく3次元的にくっつく。この仕組み現代建築に使える。
d0093768_983287.jpg
d0093768_985342.jpg

入り口をつけて
d0093768_99145.jpg

この棒がミソ
d0093768_9952100.jpg

初めはワッカを持ち上げる棒
d0093768_9101014.jpg

通りすがりのおじさんを呼び止めて
d0093768_9104640.jpg

みんなで 差す!!!
d0093768_9111174.jpg

ワッカは3Dキーストーンだったのです
d0093768_9113268.jpg

フェルトの現代版はフリース
d0093768_9151449.jpg

出来上がりの内部。 さっきの棒は柱の用意見えますが実は浮いていてキーストーン(リング)の重りとなって
ゲルを安定させる方向に力が働くようにできています。
ジャバラと屋根の骨は引っ掛けてあるだけ。じゃばらの広がりは布とロープが止めています。
うーん良くできている。
d0093768_9162121.jpg

一箇所折れて無くても、力学的にも生き物とおなじリゾーム構造なので全く問題なし。
d0093768_10232411.jpg

銭湯行って、みんなで楽しく未来を語り合い
d0093768_9174860.jpg

朝はさっぱりいい空気
d0093768_9192235.jpg

アーバンキャンプゲル いいです これは

ついに!!
いろいろな方から興味の声をいただいていました
あのモンゴルのゲルが音地で体験できます。
(中国語でいうパオ)

是非都会での一夜を


詳細決定!


主催はナリワイhttp://nariwai.org/の伊藤さんです
タダの体験会ではなく
ちょっと変わった21世紀を見据える忘年会という趣になりそうです。

詳細はこちらで
Rボード
http://www.rboard.jp/modules/gnavi/index.php?lid=580&cid=5
ATEND
http://atnd.org/events/10342

以下Rボードより

都市遊牧実験-モンゴルゲルでキャンプ <12月11日-12日早朝> 貸はらっぱ音地

本イベントでは、モンゴルの都市住民のための開発された
新型ゲル「折りたたみ式ゲル」を用いて、
東京都内でキャンプを敢行します。

このゲルは日本に一個しか存在しません(たぶん)。

折りたたみゲルは通常のゲルと違い、パーツが細かく分解でき、
ゴルフバックより大きいぐらいのサイズバック2個に収納でき、
乗用車のトランクに収まるサイズ。

天窓がついているので、ストーブで暖を
取ることも可能。

ぎゅうぎゅうに詰め込んで10人までは
寝泊りできるスペースがつくれます。

つまり、これは動く家と言ってもいいで
しょう。

ホットワインや熱燗を持ち込んで、天窓から星を
眺めながら一晩すごします。

タイムテーブル
時間 対象者 タイトル
14:00 – 17:00 見学OK ゲルを建ててくつろぎます
17:30 – 19:00 バー ゲルで酒盛りをし、モンゴル風うどんを食べます
19:30 – 翌7:30 朝食 紅茶とパンで朝食
翌7:30 – 翌8:30 撤収 ゲルを片付けます

※谷中なので、途中銭湯に行ったりします。途中退出OK。
キャンプを拠点に谷中を散策してもよいですね。

【場所】
貸はらっぱ音地(日暮里下車徒歩5分)
http://ondi.exblog.jp/

【イベント概要】
ゲルを建てて、都会でキャンプする
主催者

* 伊藤洋志

モンゴル武者修行ツアー企画 企画、個人サイズの仕事作りレーベル「ナリワイ」主宰。
今回は、浅草LwPasakusaのぺちゃくちゃナイトに出演した縁で、
谷中で貸し空き地をやられている「音地」の牧住さんとのお話の中で
開催決定いたしました。

単に、都会でゲルキャンプしてみようという遊びですが、
ゲルでお酒を飲みながらロウソクの灯りで
お話できたら面白そうだと思っております。

すこし代わった21世紀を見据える忘年会といった趣きです。

【ゲスト】

* 出演
o アギーさん
* 概要
o 一緒にモンゴル武者修行ツアーをやっているアギー君が来日しているので、
もしかしたらゲスト着てくれるかも、日本にはもう見かけないほどびっくりする好青年。

参加費(ゲルの配送代など)
昼間入場料500円(定員特になし)
一泊参加2000円(定員10名まで)
※食べ物、飲み物持ち寄り歓迎。こちらでは、うどん、焼酎、日本酒を用意いたします。
火は七輪、カセットコンロ、鍋をもって行きます。
持ち物
防寒着、銭湯セット、寝袋(宿泊者)、食べ物、お酒。
[PR]

by ondi | 2010-12-11 09:50 | 過去のプログラム


<< PEKE市      さむぞらいち たまゆら亭×PA... >>